開業支援④オフィスレイアウト

こんにちは。ブログ担当です。

新しいオフィスにはなにが必要でしょうか?

ただ整然とデスクを並べるだけであれば発生するコストや時間は最小限に抑える事が出来ますが、作業動線を考えてレイアウトするだけで、作業効率がアップし確実に売上アップにつながる事をご存知ですか?

たとえば、作業効率を上げる為には社員が十分作業に集中できるスペースを持たせる事がとても重要です。

また、オフィスのリフレッシュ出来るスペースがあるのとないのとでは、作業効率に大きな差が出ます。行き詰った時にちょっと息抜きしただけでアイデアが浮かぶ事もあります。

仕事の効率を上げるための環境づくりは、職種や業界によってそれぞれ変わってくるので、どれが一番ベストなのか・どんな設備を取り入れていくのか判断するには素人ではなかなか難しい部分もあるかと思います。

どんな些細な事でもお困りの事がございましたら、まずはエー・ワイ・エスにご連絡下さい。

http://www.ays-net.co.jp/

開業支援③回線関係

こんにちは。ブログ担当です。

インターネットの回線関係をどうするか?
オフィス内のインフラ周りに関しては専門の知識がなければ、とても難しいですよね。

「IoT」という言葉をご存知でしょうか?
現在のOA機器はめまぐるしい技術改革によって、すべての物がインターネットにつながってると言っても過言ではありません。

◎電話工事
◎LAN工事/無線LAN工事
◎ネットワークセキュリティー
◎パソコンサポート
その他・・・

開業したら直ぐに仕事が出来なければ売上に連動するので、上記の各回線のきちんとした環境整備が必要となります。

しかし設置完了しても、実はこれで終わりではありません。

いざ業務が始まった後になんらかのトラブル発生した際、迅速に対応してくれる業者に依頼する事がとても重要です。

回線トラブルが発生すると、業務が完全にストップしてしまいます。

たとえば、お取引先との電話・FAX・メールでの連絡が取れなくなったり、ネットバンキングを使用されてらっしゃる方は入出金処理もストップしてしまいます。

弊社では、お客様の立場になって、それぞれのご要望・急なトラブルにも責任を持ってアフターサポート致します。

是非、お問い合わせください。

http://www.ays-net.co.jp/

開業支援②会社用印鑑

こんにちは。代表取締役の山﨑です。

スタッフより「開業の時、一番最初に用意されたのは何ですか?」との問いかけに、私は「まず、用意すべきは会社用印鑑」と答えました。

独立開業や新規事業を起こす時に、法人登記や様々な手続き・申請・契約などには印鑑が実用不可欠です。
そして開業時だけではなく、その後も頻繁に大活躍するのもこの会社用の印鑑です。

印鑑は会社としての責任と意志を証明する大切なモノです。

《会社設立及び通常業務に必要な会社印鑑セット》
◎会社実印…株式会社・合同会社・法人・NPO法人・社団法人等の法務局での設立登記に必要となります。
◎会社銀行印・・・銀行等の金融機関の口座開設・契約に必要となります。
◎会社角印・・・一般事務や契約の際の対外的な「社印」となります。
◎会社認印・・・印鑑証明のいらない日常的は契約や書類作成に必要となります。
◎ゴム印・・・住所・会社名・代表者名・TEL・FAXなどを押印できます。

会社用の印鑑はこれからの大切なパートナーであり、大きなお守りです。

弊社でも作成承っております。
是非、お問い合わせください。

代表取締役 山﨑寿久

http://www.ays-net.co.jp/

開業支援①サポートします

こんにちは。ブログ担当です。

株式会社エー・ワイ・エスではさまざまな業種の起業家の方々のご支援を行っております。

いざ!起業するとなった時、皆さんおっしゃられるのが

「何から手をつけたらいいのか・・・」と何かとご相談される事が多いです。

物件探し・回線関係・事務所内の内装工事・複合機やビジネスフォン・オフィス家具選定・インターネット開設・・・ざっと書き出しただけでも考える事は山積みです。

出来る限り開業初期費用はおさえて、段取り良くスムーズにスタートしたいですよね!

そんなお客様のお役に立てるよう、お客様のご要望にあったご提案・サポートを最後まで責任持ってお手伝いさせて頂きます。

現在の業務を並行して独立を検討されていらっしゃる弁護士の先生や会計士・税理士の先生方のサポート実績もございます。

どんな些細な事でもお困りの事がございましたら、まずはエー・ワイ・エスにご連絡下さい。

http://www.ays-net.co.jp/

 

 

 

レスポンスが勝負!

こんにちは。代表取締の山﨑です。

営業にとってレスポンスがどれだけ重要か考えた事ありますか?

私は1秒でも早く対応できるように、常日頃から心掛けたり、工夫したりしております。

例えば、普段の生活で誰かに何かを依頼した時に3日経っても、1週間経っても返事が来ないとなった時どんな気持ちでしょうか?

私は1日も待てません。
5秒…いや3秒で返事が欲しいです(笑)

依頼した相手が迅速且つ的確に対応頂けたら、とても気持ちが良いものですし、自分自身も次の行動に移す事が出来ます。

たとえば、血液もサラサラ流れているのが健康的で、滞ってしまうと不健康となります。

今日はレスポンスの速さを再確認してみませんか?

代表取締役 山﨑寿久

http://www.ays-net.co.jp/

 

コピー機の保守契約の違い

こんにちは。ブログ担当です。

コピー機の保守契約の違いって??

オフィスでコピー機を利用される時に保守契約はとても重要です。定期メンテナンスや急なトラブル時の対応をしてもらう時に役立ちます。

今日は保守契約の方式についてお話します。

まず、カウンター料についてお話します。
カウンター料(以後、コピー単価)とは”1枚印刷する毎に発生する費用”の事です。
基本的には1ヶ月毎に「使用された印刷枚数×コピー単価」が請求されます。
例えばコピー単価が3円で1ヶ月で500枚刷ったら『500枚×3円で1,500円』がご利用金額となります。
これは単純な計算式なのでわかりやすいですね。

では、カウンター方式とキット方式の違いってご存知ですか?

◎カウンター方式の保守契約

月々の最低基本料金と、印刷した枚数×コピー単価を1~3ヶ月毎にお支払頂き、自動的に更新される方式です。
このカウンター方式でカウンター料金をお支払頂いた場合、コピー単価が安く、トナーカートリッジ代や部品代、技術者の派遣代などが含まれている場合が多いです。(若干メーカーにより異なります。)

◎キット方式の保守契約

トナーが無くなる度にトナーを有償でご購入いただく方式です。トナーをご購入頂く事で保守契約が継続されることになります。『トナー価格÷利用枚数』=1枚当たりの単価となり、トナーを早く使い終わってしまいますと、結果的に割高となります。

◎スポット方式の保守契約

スポット方式はトナーもその他の部品供給も、メンテナンスや修理費用も都度支払になる保守契約です。

コピー機の機種によって”カウンター方式”または”キット方式”が決まっておりますので、今ご利用中の機種から方式を選択する事は出来ません。

どちらの方式が御社に最適か弊社営業担当より親切・丁寧にお伝えします。
お気軽にご連絡下さい。

http://www.ays-net.co.jp/

お得なPC保守サービス

こんにちは。ブログ担当です。

今日はPC保守サービスについてお話します。

弊社独自のとてもお得なPC保守サービスとなります。

PC5台までの各種設定・点検などのパソコントラブルに対応します。

保守期間は1年間で38,000円(税抜)なので概算すると月に約3,166円(税抜)でパソコンのトラブルが解決します。

通常のパソコン設定料が1台あたり8,000円(税抜)~なので、絶対に加入された方がお得です。

分からない点・ご質問等につきましては、弊社営業担当より親切・丁寧にお伝えします。
お気軽にご連絡下さい。

http://www.ays-net.co.jp/

リース契約の流れ

こんにちは。ブログ担当です。

今日は、リース契約の流れについてお話し致します。

1.物件の選定
お客様とのヒヤリングの内容をもとに、お客様のニーズに合う商品(メーカー・スペック・導入時期等)を弊社営業担当者よりご提案致します。まずは商品を選定して頂きます。

2.リースお見積り
どのくらいの期間ご使用希望かを確認し、リース料を算出した「リースお見積書」をお持ち致します。

3.リース契約
十分にご検討頂き、「リースお見積書」の内容にご納得頂きましたら、リース契約書にご記入・ご捺印頂き、リース契約となります。

4.物件納品
リース会社は、弊社と売買契約を行います。弊社はお客様のご希望の日時に納品致します。

5.納品確認
リース会社より、お客様のもとにリース契約した物件と納品された物件の相違がないか、また、問題なく納品を終えるか事が出来たかの確認の連絡が行きます。

6.リース契約のスタート
月額リースの発生は、リース契約書に記入された日ではなく、リース物件納品確認がとれた時点よりスタートとなります。

 

お分かりにならない点につきましては、弊社営業担当者より親切・丁寧にご説明させて頂きます。
どうぞお気軽にご相談下さい。

http://www.ays-net.co.jp/

おすすめのコピー機の購入方法

こんにちは。ブログ担当です。

コピー機を購入される時に現金で一括購入されるか、またはリース契約にするか迷う事ありませんか?

今回はリース契約のメリット・デメリットをそれぞれご紹介します。

【メリット】
・少ない費用で導入できます。
コピー機を一括購入されると多額の費用が発生します。
リース契約にすれば、月額費用のみとなるので大切な資金を留保する事が出来ます。
・リース料は経費で計上できます。
リース料は税務上全額経費処理できます。
一括購入されると、減価償却の煩わしい処理が必要となります。
・保険会社と「動産総合保険契約」を結んでいます。
動産総合保険とは、法人・個人事業主の事業用資産に対する損害保険の1種です。

【デメリット】
・途中解約ができません。
リースはコピー機・複合機が不要になっても期間満了まで途中解約できません。
・所有権がありません。
リース契約した商品の所有権はリース会社となります。仮にリース期間が終了した場合でも、機械を使用されている間は再リース料が発生します。

私はコピー機の購入方法はリース契約にされる事をオススメします。
弊社では、お客様に適した最適なプランをご提案をさせて頂きますのでお気軽にご相談ください。

http://www.ays-net.co.jp/