観察力を鍛える

こんにちは。代表取締役山﨑です。

皆さん「秋」と言ったら何を連想されますか?

食欲の秋?スポーツの秋??
私は読書の秋を一番に連想します。

最近読んだ本の中で一つご紹介したい話があります。

有能なセールスマンと普通のセールスマンの違いについて書かれておりました。

単に営業成績の結果だけではなく、自分がお客様の立場だったらどんな営業マンと付き合いたいか、どんな人に気持ち良くお金を払おうと思うかという違いです。

有能なセールスマンとは、顧客一人ひとり異なる興味や関心・ニーズや感じ方を会話の中からみつけ出し、お客様に購入して良かったとイメージさせる事の出来るタイプです。

そこで何が必要なのか・・・

それは「見る」「視る」「「観る」「俯瞰してみる」を使い分ける事です。

◎漠然と視野に入っているのが「見る」

◎あれはなんだろうと気づきを含めた「視る」

◎徹底的に観察する「観る」

◎入り過ぎずに一歩引いて、客観的かつ冷静にあらゆる角度から物事を「みる」(俯瞰してみる)

観察力を鍛える習慣が大切だと筆者は伝えています。

私自身、長年営業職に携わってまいりましたが、常にお客様の立場に立ち、お客様が購入してご満足頂いているイメージを持ちながらご提案をプランニングさせて頂いております。

お困りの事ございましたら、お気軽にご相談下さい。

代表取締役 山﨑寿久

http://www.ays-net.co.jp/

「観察力を鍛える」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です