人に影響を及ぼす6つの法則

こんにちは。代表取締役山﨑です。

厳しい寒さの冬も終わり、暖かく春らしい季節となって来ましたね。
たくさんの草花が芽吹き始めています。

春は別れの季節でもありますが、入園・入学・入社など新しい出会いの多い季節でもあります。

さて今日は私が営業職についたばかりの新人だった頃に出会ったマーケティングの本についてご紹介させて頂きます。

人はある種のことに自動的に反応してしまうと言った内容が書かれておりました。

1.返報性
私たちは他人から何かの恩恵を受けたら、似たようなお返しをしなければならないと無意識に思い込んでしまいます。

2.コミットメントと一貫性
私たちは一度決定を下したら、一貫した行動を取るようになります。
自分で決めた事や約束を守りたくなる心理です。

3.社会的証明
私たちは商品を購入するときに「お客様」の声を読んで商品を購入したりする心理があります。
他人が何を正しいと考えているかに基づいて物事が正しいかどうかを判断します。

4.好意
私たちは好意を持っている知人から何か頼まれると「イエス」と言ってしまいます。

5.権威
私たちは権威者の命令にはとにかく従おうとします。

6.希少性
私たちは手に入りにくくなると、その機会が貴重なものに思えて来ます。

上記6つの法則を使いこなすことができればビジネスを大成功に導き、成約率を高めることが出来るはずです。

新人・若手のビジネスパーソンに意識しておくべきビジネススキルを、一歩前を歩く先輩からのアドバイスとしてご紹介させて頂きました。

代表取締役 山﨑寿久

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です