冷暖自知(れいだんじち)

こんにちは。代表取締役の山﨑です。

今年も残りわずかとなりました。
平成の時代がもうすぐ終わります。

実は私は大の城好きです。
お城の中でも『二条城』は何度行ってもワクワクします。

大政奉還が行われた二条城

2018年は明治維新から150年目。
明治維新の歴史上の人物と言えば、西郷隆盛・大久保利通・坂本竜馬・勝海舟など思い浮かべるのではないでしょうか?

そのメンバーの1人である山岡鉄舟(てっしゅう)が下記の言葉を残しております。

「水の口中に入り冷暖自知にするが如し」

目の前にある水を口に入れることにより、その水が冷たいか暖かいのかが分かるという意味です。
ただ外から水を眺めて考えているだけでは冷たいのか、暖かいのかわからない。

『まずやってみろ』と説いており、迅速な実行が最も重要だという事です。

私も『行動してみること』を常に意識しております。

そして、明治維新を牽引したリーダーたちが共通した考えも持ち、それを共有していたからこそ、あの歴史的大改革の明治維新を成し遂げたのだろうと思います。

株式会社エー・ワイ・エスも団結力を高め、お客様の為に全力を尽くす事をお約束致します。

代表取締役 山﨑寿久

http://www.ays-net.co.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です