冷暖自知(れいだんじち)

こんにちは。代表取締役の山﨑です。

今年も残りわずかとなりました。
平成の時代がもうすぐ終わります。

実は私は大の城好きです。
お城の中でも『二条城』は何度行ってもワクワクします。

大政奉還が行われた二条城

2018年は明治維新から150年目。
明治維新の歴史上の人物と言えば、西郷隆盛・大久保利通・坂本竜馬・勝海舟など思い浮かべるのではないでしょうか?

そのメンバーの1人である山岡鉄舟(てっしゅう)が下記の言葉を残しております。

「水の口中に入り冷暖自知にするが如し」

目の前にある水を口に入れることにより、その水が冷たいか暖かいのかが分かるという意味です。
ただ外から水を眺めて考えているだけでは冷たいのか、暖かいのかわからない。

『まずやってみろ』と説いており、迅速な実行が最も重要だという事です。

私も『行動してみること』を常に意識しております。

そして、明治維新を牽引したリーダーたちが共通した考えも持ち、それを共有していたからこそ、あの歴史的大改革の明治維新を成し遂げたのだろうと思います。

株式会社エー・ワイ・エスも団結力を高め、お客様の為に全力を尽くす事をお約束致します。

代表取締役 山﨑寿久

http://www.ays-net.co.jp/

メタモルフォーゼ

こんにちは。ブログ担当です。

先週から社長が体調不良です。

これ結構レアなケースで、ココまでしんどそうな社長を見たのは初めてです。

『責任感』と『根性』で毎日出勤されていますが、歩く時も松葉づえついて歩かれてます。

そんな姿を見ていて思った事があります。

幼虫が成虫になる際、いったん運動能力を著しく低下させ「蛹」と言われる形態をとります。そして「蛹」から脱皮して成虫が現れる。
これを「メタモルフォーゼ」と言われるのですが、まさに今の社長は「メタモルフォーゼ」の時期に入られてるのかもしれません。

そして再び飛翔を始めようとされてらっしゃるのかもしれません。

一日でも早く回復される事を願います。

http://www.ays-net.co.jp/

五つの言葉

こんにちは。代表取締役山﨑です。

暦の上では『立冬』が過ぎ、もう冬です。
しかし本日はポカポカ陽気です。

住友銀行の天皇と呼ばれた堀田庄三氏の名言をご存知でしょうか?
堀田氏が自身の戒めとしていた「五戒」です。

「おいあくま」
お おこるな(怒るな)
い いばるな(威張るな)
あ あせるな(焦るな)
く くさるな(腐るな)
ま まけるな(負けるな)

これらの感情は人の中に必ずいる悪魔の仕業です。
その悪魔が時々目覚めて【怒る・威張る・焦る・腐る・負ける】という5つのマイナス感情を引き起こします。
そういう感情が出た時には、自分の内面に「おい!あくま!」言い聞かせる事が出来れば、平常心を取り戻し、前向きな姿勢でいることができるでしょう。

代表取締役 山﨑寿久

http://www.ays-net.co.jp/